花衣夢衣 23

伯母さんは意地悪キャラだが、言う事はいちいちごもっともだ。
安藤さんは、いちいちいい事を言う。

澪は花嫁修業編に突入。
幸せなので、真帆の本当の気持ちに対する思いやりはない。
万平さんの財力って、どの程度あるんだろう?
いとこのお祝いは洗濯機で、澪にはテレビか~。
でも、どっちかって言うと、おかみさんとして共働き状態な澪には、洗濯機の方が役に立ちそうな気がするんだが、ど~なんですか?
澪がちょっとわがまま言ったら、母親モードから女モードになるお母さん。
グダグダ御託並べてグジグジする弓子より、身勝手な女としてのランクは上。
ここまでだと、自分の人生だし、勝手にやって下さいって気になるな~。
スイート10見てなかったら、ひどい!って思ったのかもしれないけど、潔くて好きだと思ってしまう。

幸せモード継続中の澪だけど、お約束でまさしの優しさは表面だけ!
よろしくってよ、まさしさん!その目線!
こ~でないと、双子相手の泥沼不倫男なんてやれないわよね~。
なんか、このドラマ、ヤな奴ばっかり応援したくなるのは、何故?
慣れたつもりでも、やっぱこ~、ヒロインが、あ~、その、ね?
吉田姉妹に代わったら、見方も違って来るかしら?

麗しい兄弟のシーン。
目の保養、目の保養!
澪と真帆の比較を語るまさし。
このドラマの若い男たちは、比較すると真帆に一票!が基本コンセプトだよな~。
ま、一番のヒロインは真帆だから、仕方ないけどさ。

婚礼布団を真帆に送り付けたお母さん。
洗濯機、テレビと来たら、冷蔵庫じゃないの?
おばちゃん、年寄りだから、家電三種の神器って発想しちゃったよ・・・・・・・・。
えっと、まだ冷蔵庫は世に出てない?

伯父さん、伯母さんに口止めしたけど、いとこには口止めしてないんで、見合いの不首尾をあっさりばらす。
以心伝心設定の澪にはわからなかった、無理をしてる真帆の気持ちがわかるお母さん。
最強恋愛体質のお母さんに何を言っても無駄!
この人の人生、恋愛においては、一点の悔いなしだ。
真帆と違って、このお母さんなら、子宮がなくても思い悩まなかったかも。
つ~か、お母さん、他局ですが、13時からのドラマのヒロインに喝入れたって下さい。
あなたがかる~くクリアした事を四十話以上グダグダ引っ張ってます~!

そんなお母さんの存在は、世間的には妾なんで、つっこみ対象。
更に、真帆の男狂いネタで、おかみの攻撃を受ける澪。
おかみさ~ん!狂ってたのはお宅の息子さんよ~!
ストーカーやって、雪の兼六園で待ち時間更新して、大変だったんだから!
知らないって、幸せね・・・・・・・・。

上京ついでに、よね屋にお宅訪問しようとして、出て来た客にびびって撤退する真帆。
諦めて帰宅したら、そこには、我が物顔で寛ぐまさしが・・・・・・・・。
よ~し、盛り上がって来たぞ~、ドロドロ復活か?


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック