花衣夢衣 31

先週は棒読みに圧倒されて気付かなかったけど、まさし、真帆のこと、さんを付けずに呼ぶようになってたのね~!
ラブシーンでは、あんまり棒読みは気にならないけど、まさし、痩せすぎなんじゃ?肋骨がわかるよ・・・・・・。

家族の前で謝るまさし。
でも、心はひたすら真帆への恋に暴走中。

ヤっちゃた後なんで、澪への態度がかなり不自然な真帆。
一部のラストで乱発されたテレパシーの発動はなし。
ご都合主義だから、気にしちゃいけない。

策を弄するまさし。
居心地の悪い真帆。
ね~、気付こうよ、安藤さん!
とっくに済んだ事じゃなく、現在進行形なんだってば~!
何気ない澪の行動にいちいちひっかかりを感じてる真帆。
しゃべんないとなんとかなるもんだ。
スタッフさんの頑張りを感じても、いい?

と、思った矢先の心のこもってないような棒読みは、決してわざとじゃないんですよね?
ちょっと不本意ですが、ってのを態度で表してる?
その後の会話の流れからするとそれは考えすぎ?

そして今日も、お約束なストーカーまさし。
なんか、沢木家の玄関先で待ち伏せしてるのを見るのが楽しくなって来たぞ。
駄々っ子にますます磨きがかかってるな~。
しかし、玄関先で何やってるんですか・・・・・・。

堅苦しいと言われて一曲歌おうとする真帆。
棒読みに音痴まで加わってたらどうしよう!と緊張してしまったが、歌う前に場面転換!
上手いわ、スタッフさん!

妻に愛情確認を強いるまさし。
困った奴だが、今後は肉体関係ありの二股に突入。
細っこいけど、体力と精力はあるんだね~。

今日は、あんまり棒読みが気にならずに終わった。
成長したのか、こっちが慣れたのか、スタッフが頑張ってるのか、どれだろう?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック