とりあえずの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スイート10 第四十五話

<<   作成日時 : 2008/05/02 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

え〜っと、何が起きてるんですか、いったい?
頭が理解する事を拒否してるよ・・・・・・・。
以下、私の解釈でお送りいたします。
隠すような親切な真似はいたしません。
見たい方だけど〜ぞ。

自分が女として生きていくには、夫と娘は足手纏いであるという結論に達した弓子。
ようやく、小学生を勝手に連れ出すことは、社会手続き上何かと面倒だって事に思い至ったらしい。
今の自分の中では、品川>ちいちゃん。
保典がど〜なろ〜と、どう思おうと問題外なので、何食わぬ顔を装う。
自分の父親も切り捨て対象なので、二世帯同居など、勝手に夢見とけよ!でしかない。
でもちょっと、おセンチな気分になっているので、私がいなくなったらなんて、いくら鈍い保典でも、ちょっと気になるワードを残してみる。

自分の事で手一杯でしばらく放置だった、るりと清が雁首揃えてやって来たのに驚く弓子。
ほったらかしてる間に、るりはリュウくん連れて家を飛び出し、昨日は清んちに泊まったらしいと、今初めて知る。
でも、自分はそれどころじゃないんで、親身に相談に乗る気はない。
察しのいいるりは、今日が何の日か気付いた。
夫や子供や両親には思いっきり嘘がつけるけど、とりあえず誰かにはホントの事をしゃべっておきたいんで、この二人にはバラしておく弓子。
通常の母親なら、自分こそがちいちゃんにとって、かけがえのない、大事な存在だと、思うものだけど、弓子のお花畑脳では、血をわけた我が子より、こないだ知り合ったばかりで、ヤってもいない男の方が、自分がいてあげなきゃダメな存在になっている。
遠い世界にいる人だから、誰の声も届かない。
品川には死んだ前の奥さんがいて、自分はその次に現れた女。
まともな思考があれば、自分がダメでも次行くだろ、こいつ!って思わないかね〜?
こ〜ゆ〜設定の男はフツ〜、死んだ妻の思い出を胸に一生生きて行くんじゃね?
作戦参謀の間男なんて、参謀を四十年も思い続けた設定だぞ?
遊びと割り切って不倫するならともかく、妻が死んで二年で次の女に走る程度の男相手に、夫と娘切り捨てるなんて、早まるなよ!
そう説得する友達は、弓子にはいない。

関くんの事をちょっとは心配してる清が連絡しようとするが、るりが止める。
説得力ありそうな言い草だが、うちがダメになるなら、弓子んちもダメになってしまえ〜!って裏があったりする?

行動の遅い正美の行動は、全て後手後手。
悪知恵で女に勝とうと思っちゃいけない。
相手は、ただでさえ、頭の切れるるりなんだから。
治の応援も出遅れ、保典には、新たな悩みを与えた。
清との事で成長した治が、正美も変われって諭す。
いい人だな〜、治さん。
後は、セックスレスの克服だ!

弓子に連絡する保典。
なぜ、携帯じゃないの?
今、ドコモは家族間の携帯通話は無料よ!(回し者ではありません)
こんなにいい人なのに、やっぱり切り捨て決定な弓子。
不憫すぎるよ、保典・・・・・・・・・・・・。
あんたの方が、もっと悲惨な状況に置かれてるのに・・・・。
弓子が何食わぬ顔して戻って来ちゃうのが、バッドエンドに思えて来るよ・・・・・・・。

帰宅したちいちゃんにもっともらしい事を言う弓子。
どれほどきれいごとを並べても、ワタシ、あんたより男取るから!でしかありません。
悪逆非道な真似しても応援してくれる母親は、弓子にはいるけど、ちいちゃんにはいないって事ですよ?
ホント、自分さえ良ければ、血を分けた娘でもど〜でもいいらしい。
写真一枚バックに入れたところで、免罪符にはならないぞ。

娘を両親にまかせて、駆け落ち決行。
スゴイよね、その行動。
母は察しているけど、何も言わない。
この人は、娘さえ良ければ、孫のメンタルなんぞ、ど〜でもいいの?
自分ちのDNAなら、そのうち、ちいちゃんも理解出来ると確信してるとか?
「あなたのママはね、真実の愛を選んだの。今は寂しいと思っても、ちいならきっと、ママの気持ちがわかるようになるわ。だって、うちには、そういうDNAがあるんですもの」
とか説得しそうだ。

パパに似てやさしいちいちゃんは、ママの忘れ物を届けに行く。
全く、弓子の行動はハンパ!
いつもの格好にいつものバッグなら、ナース服も持って行け!
ま、それが次につながるベタな設定ではあるんだけどさ。

ちいちゃんもセットで、って言ったのに、弓子だけって事をど〜思ってるかの説明を視聴者にさせてもらう場のない品川。
昨日の逢引の時にでも話し合いのシーンがあれば良かったのに。
な〜んにも考えてない電波にしか見えないぞ。
そこに、ベタに通りかかる、仲良し親子連れ。
いつもここでこいつらがいちゃいちゃしてても、だ〜れも通らないのにね〜!
ちょっとは気になる弓子。
まともな男なら、やっぱり君は家庭に戻るべきだって言う所だが、まだ来週も引っ張らなきゃいけないんで、ここでかっこよく身を引く男にさせてもらえない。
すまん、にやけて弓子と手をつないでルンルン!にしか見えない。
これからとうとう、ヤれるぞ、えへっ!にへら〜、にも見えた。
かわいそうだが、どんどん男を下げて行くな、品川。
ちょっとは、保典にすまないそぶりとか、そのあたりの感情を説明する台詞でもあればね〜。
やっぱ、演技力不足でそこらを削られたか、ト書きにはあるけど、表現出来てないか?って疑っちゃうよ。

バチは弓子に当たって欲しいけど、凶悪ヒロインというものは、周囲を不幸にしても、自分は無傷!
そのくせ、傷ついたかわいそうなワ・タ・シ!というのをアピールしまくるものなので、弱いものが犠牲になる。
かくして、車に轢かれてしまうちいちゃんであった。
ベタとは言え、あ〜あだなぁ。

予告。
遭遇するのは弓子ではなく、保典なのも、悲しいお約束だ。
不倫自称純愛カップルはヤってしまうんだろうか?
これで御託並べて保典の所に戻っても、キスは良かったんだけど、ヤってみたら幻滅〜!パパのセックスの方が、まだましだわ、んふっ!って心の声が聞こえそうだわ〜。

さ〜て、公式BBS行って、弓子援護のコメント読んでみよっと。
どういう解釈すれば、共感出来るか、他人の気持ちになって考えてみるとするか。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイート10 第四十五話 とりあえずの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる