白と黒 7

ヒロイン一人がドロドロのドツボにはまってるのか、周囲がうそつきだらけなのか、さっぱりわからない。
一葉に気付かれずに研究所に来いと、思わせぶりな電話をして来る章吾。
毎日、立ち聞き以外する事ないのか?とつっこむしかないまさと。
惰性という昼ドラマジックにはまりつつある、私・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

一葉がらみの話かと思ったら、たまえの失敗話。
うわ~、肩透かし~。
しかし、大事な植物だったら、一人に責任押し付けず、他の人もチェックした方がいいと思うわ~。

探偵まさとくん、一葉に誘導尋問中。
尻尾を出さない悪女なのか、れいこの思い過ごしなのか、ま、そのうちわかるっしょ。

恋をしたら、ダメになるお約束を果たす、たまえ。
片思いだけで大失敗って、かわいそうだな。
出てったのかと思ったら、すぐ戻って来て洗顔。
えっと、タオル取りに行っただけ?
やさしく声がけするれいこ。
研究所のために力を貸せって、何、その上からの物言い!ってつっこみたくなったぞ。
後から来て、まだ章吾の婚約者でしかないのに、えらそ~だな、とたまえに替わって一言言ってもいいですか~?

まさととれいこが哲学的に語り合う時、なぜか誰も来ないな、この家。

夜になって、妻にあれこれ言われたらしく、土地、買い取ってね、と言いに来る地主。
グレて四年間家出してた間、接客業でもしてたのか、お客さん、お父さん、お兄ちゃんの順で、きちんとお茶を出せるまさと。
世間話までお客さんに出来るのは、えらいぞ。

どんな土地かわからないけど、地方の空き地って、一千万もするの?
相当広い?
イメージ的には、数百万レベルな気がするな~。
首を傾けるお父さんと、同じポーズのふくろうの置き物がかわいいじゃないか!

つまみなしでビールな一家。
家族が盛り上がって前向きにわははって笑うと、何か起こるのはお約束だよな。

章吾も絵を描いていた設定が父から語られた。
伏線だな~。

フェアリーホワイトって、どんな花なんだろう。
葉っぱ見て、菊?と思った私は、植物にうとい。

腕と足をケガしてるのに、大丈夫か?と視聴者にいらん心配させるれいこのベッドシーン。
いわゆる、マグロ状態じゃないとヤれなさそ~な気がするんですが~。
ま、いい加減、そ~ゆ~シーン入れないといけない時期なんだろうな、ドラマ的に。

一葉にバレないようにって、気を使ったらしい章吾だけど、地主の奥さんが喋る、までは読めなかったらしい。
出て来ないのに、大活躍だな、地主の奥さん。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック