スイート10 ヒロインについての考察

最初、ヒロインは弓子だった。 保典は、弓子の夫でしかなかった。 電器メーカーの販売会社、営業課の社員。部下からの人望も厚い、優しく明るい男性。家庭では理解のある、よき旦那であり、子供思いの良きパパである。 12年前に同僚の清から誘われたスキー旅行で弓子と出会い、恋に落ちて結婚したという。弓子とちひろを、心から愛し、信じ、今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらまぁ

実際にも、こういう人っているんだなぁ、と新聞を読んでしみじみした。 http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/shinshin/20080504sy41.htm この人なら、弓子に共感しまくって、ドラマの世界にひたれそうな気がする。 なんか、狙ってこの相談を採用した?とつっこみたいタイミングに、朝から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 25 

今日も近い、東京と金沢。 久々のテレパシーだ! ど~して、昨日までは発動しなかったの? そして、慣れたつもりでも、やっぱり厳しいよ、双子のアップと泣き顔・・・・。 ごめん、つい、目をそらして音声だけ聞いてた・・・・・・。 そして、嫌がらせのように横でシュレッダーをかける亭主。 くそ~!邪魔すんな! GW、まだ長いなぁ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スイート10 第四十五話

え~っと、何が起きてるんですか、いったい? 頭が理解する事を拒否してるよ・・・・・・・。 以下、私の解釈でお送りいたします。 隠すような親切な真似はいたしません。 見たい方だけど~ぞ。 自分が女として生きていくには、夫と娘は足手纏いであるという結論に達した弓子。 ようやく、小学生を勝手に連れ出すことは、社会手続き上何かと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 24

1時間はチャンネル権か私にあるから!と亭主に言い張り、一緒に鑑賞。 双子のビジュアルが厳しくてさ~と話したら、「○○県出身か?」と。 なんですか、あなた、そのつっこみは!私でも思いつきませんでしたよ! 二人は東京都出身だけど、両親がどこ出身かはわかんないな~。 「あ、お前、今、ど~ゆ~意味に取ったんだ~?」って、おっさん、底意地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 第四十四話

やっぱり、関家には合わない置き物。 へ~、あれ、ランプだったのか~。 朝から、心のポエムを垂れ流す弓子。 あの心の葛藤から開放されて、フツ~の心理状態になってる保典。 懐が広いって事? そ~言えば以前、大きなだか大いなるだかの愛がうんたらかんたら、弓子が心の声を垂れ流してたなぁ。 それが保典の事なら、妻の不貞を追及せず、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 品川さんの気持ちも察してみよう!

ぼくは、品川圭介。 自分で言うのもなんだけど、物凄いハンサムで、女性をうっとりさせる素敵な男だ。 ぼくには悲しい過去があり、心を閉ざして暮らしていた。 そんなある日、ぼくの心に響く女性に出会った。 恋の女神は偶然を装って、ぼくの凍った心を溶かす。 相思相愛になるまで、そんなに時間はかからなかった。 でも、運命の女神はぼくを愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 23

伯母さんは意地悪キャラだが、言う事はいちいちごもっともだ。 安藤さんは、いちいちいい事を言う。 澪は花嫁修業編に突入。 幸せなので、真帆の本当の気持ちに対する思いやりはない。 万平さんの財力って、どの程度あるんだろう? いとこのお祝いは洗濯機で、澪にはテレビか~。 でも、どっちかって言うと、おかみさんとして共働き状態な澪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 第四十三話

あれ?二週間後って言ってたんだ? 昨日、おとといと、一週間後って聞こえてたよ~。 ごめ~ん。 私が弓子なら、素で勘違いして、待ち合わせ場所に行けないわ・・・・・・・・・。 そんな大ボケ視聴者をよそに、ドラマ内では、あと四日になってる~! つ~か、ちいちゃんと向き合ってないし、社会的手続きもしてない状況で、物思いに耽って、心の声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 これまでのオハナシ

ベタなネタドラマを期待して見始めた「スイート10」。 四十話以上過ぎた今、ふと気付けは、電波ドラマになっていた。 ネタもベタもどこかへ行ってしまった・・・・・・・。 当初の設定を思い返してみる。 結婚九年目、優しい夫と可愛い一人娘。 ナースとしての仕事は大変だけど、やりがいあるし、夫は協力的。 近くにある実家の両親も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 22

澪の修行編。 ものすご~くベタな姑のいびりが楽しすぎる。 乙女のような恥じらいを見せるゆうすけがかわいいじゃないか。 ま、どんな環境でも、味方が一人でもいれば、やって行けるわけね。 だまし討ちのように見合い相手に会わされる真帆。 結構、いい人っぽく見えるが、いかんせん、乙女のツボをつく相手じゃない。 真帆はマイナスポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 第四十二話

品川と保典に言われた事のおさらい。 やっぱ、即答出来ないって事は、保典の事選んでるって! 生活の安定あってナンボって、頭のどこかで計算してるって! 今日も平和な関家の朝。 大事なおたよりはちゃんと出せ!って何回言っても、身につかない子は身につかないんだよね~。 ま、ちいちゃんのは、ドラマの都合だけどさ。 品川を選ぶつもり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 21

まさしの写真を出すのを、先週から引っ張ったあげく、また引っこめる澪。 促して出させた真帆をほめてあげたくなったぞ。 真帆の葛藤に突入。 以心伝心の双子のはずだけど、真帆の苦悩は澪には伝わらない。 これまでの出来事を思い返す真帆。 とってもシリアスな展開なんだけど、お兄ちゃんが映った瞬間、きゃ~!と手を振ってしまった。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投稿何度目?

せっかく時事ネタを盛り込んだのに、公式BBSにUPされた時には、終わった後じゃん、聖火リレー! ちぇ~! もういないのかと思ってたけど、まだまだうっとり見てられる人がいるんだね~。 いやはや、人の数だけ感想ってあるんだな~。 私には電波としか思えないやりとりも、そ~か、こ~ゆ~捉え方もあるんだ、って感心してしまう。 経験し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 第四十一話

保典の受難をおさらい。 ホント、不憫よね、保典、と気持ちを新たにするのが狙い? 保典が弓子を信じると自分に言い聞かせた次のシーンで間男に走る弓子にうっとり出来る視聴者は、今、どのくらい残っているんだろう? そして、今日も棒読み棒立ちで視聴者をコケさせる品川。 ただでさえ、弓子の行動につっこみ入れてる所に、この破壊力! あ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 20

ふつ~に恋をしている澪。 が、状況はドロドロ進行中。 まさし母がどんなになじっても、お母さんはへこたれたりしない。 反省の似合う女じゃないからね、この人。 俺にも結構、重い設定があるんですよ、と語るまさし。 柱に刻まれたマホの文字にキスしようとするぐらい、いっちゃった人になっている。 真帆に繋がる澪を手放す気はないので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 第四十話

二世帯同居への夢を語る弓子父。 全く出て来ない保典の両親はど~なってるんだろう? 弓子父の挙げるメリットの中に、保典が得られるメリットは全くない。 ま、このドラマは弓子側にのみ、都合良く出来てるので、気にしちゃいけないんだろう。 それに対して、含みのある制止をする弓子母。 留守宅に入り浸って朝御飯食べてる状況でも、保典の事なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 19

ストーカーまさし壊れるの回だった。 金沢でもストーカー、東京に帰ってもストーカー。 いや~、救い難い奴だ。 真帆がダメなら澪だぜ!と悪魔のような宣言をする。 さすが、東海テレビだ。 いい感じに壊れてるぞ。 まさしが乗り気になったら、お母さんが急にダメ出し。 伏線通り、お母さんが妾ってのがマイナスポイント。 真帆の行状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイート10 第三十九話

早くも自宅前にいる保典。 いくらなんでも、早すぎだけど、緑山スタジオ内の移動だからそんなもんか~。(いや、絶対違うから!) どんな顔してって、これは、弓子の行動に悩んでって事?それとも、こんな早くに失敗して戻る自分が不甲斐なくて顔合わせられないって事?両方? だめだよ~!加害者モードに入っちゃ! でも、このドラマは被害者と加害者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 18

恵まれたお嬢さん育ちだったらしいお母さん。 人生の最初に転がした男は、お兄さんだったんだろ~な。 出て来ないけど、お父さんもか? 勘当された身と言いながら、食い下がる、食い下がる。 あわれな妹とか、お兄さんのツボをつくテクニックに長けて。 最強やね。 で、その意向を受けて真帆にお見合い話を持って来る伯父さん。 いいよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more