テーマ:昼ドラ

花衣夢衣 63

記憶喪失の演技で医者も騙す澪。 つらい体験と医者に言われると、思い当たるふしありまくりなまさし。 顔をそむけるあたりが、嘘くさい気がするけどね~。 本当の記憶喪失なら、もっと、自分の事を知りたがるのが、ありがちな設定。 こんなつんけんしてる記憶喪失の人って変って思わないの? これだけ挙動不審だとバレそうだけど、視聴者はわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 62

何回見ても、笑うしかない澪ジャンプ! 三回目ともなると、パンツ見える?と覗き込んでしまいました、すみません・・・・・・・・。 ど~でもいいけど、澪の世代は、着物の時は腰巻のみ? デパート火災によって、下着着用が増えたけど、呉服屋のおかみとしては、下着なんて線が出るから邪道!なのかな? 事故にあった人をゆすったり動かしたりしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 61

夕飯のしたくをする澪。 台所テーブルのない家で、ちゃぶ台の上にランドセル出しっぱなしって、ど~なんですか? ドラマの都合とは言え、夜七時過ぎに小学生が帰らないのに、ノンキに夕飯作ってていいの? やすこが幸雄を連れ去った時、あんなに大騒ぎしてたじゃん。 いつもリアクションの薄い安藤さんは、実は真帆の告白がうれしかったらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 60

時間経過がいまひとつわかんないんだけど、あきこは今、生後何ヶ月なんだろう? あんなに色々あった生前の妻を、まだ愛してると言う程度には、時間は過ぎてないんだろ~な~。 ま、この段階で、ありがとう沢木!俺、ずっとお前の事が好きだったんだよ!よ~し!結婚しよ~!と言えるキャラじゃないよな、安藤さんは。 理詰めで語る安藤さんだが、子供の人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 59

昼間っから、ポエマーなまさし。 お~い!押し倒すなら、玄関閉めとけ! そ~言えば、最近、真帆の棒読みが気にならなくなったなと、棒のように横たわる真帆を見て思いましたっ! いかにも何かありました?な所に帰って来る澪。 こんな、真帆の一大事!みたいな場面なんんだから、テレパシーで澪乱入!とかあってもいいのにね~。 ま、テレパシー(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 58

何回聞いても鼻で笑うしかないまさしの迷台詞。 安藤さんあたりが、どう間違ってるかを説明したら、そうなのか~!とほんのちょっとの間は納得しそうだけど、持続はしなさそうだな。 七時前には学校に行くしたくが出来ている幸雄。 甘やかされて育った設定の割には、しっかりしたいい子に育ってるわね。 真帆んちに居ついて、何日過ぎた設定なんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 57

朝から澪に家出ますと言い渡されてしまうおかみさんとりかちゃん。 登校前に急にお弁当持たされるわ、こんな話されるわ、今日はりかちゃん受難編か? 普通の安藤さんと澪の会話で邪推しまくりなやすこ。 お金あんまりないはずなのに、興信所に無駄金払うなよ! えっと~、よね屋の馴染み客のコメントはともかく、やっぱり語るよね、隣の住民! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 56

幸雄をテイクアウトするやすこ。 そんなんいきなり連れて来られたら、安藤さんでなくてもびっくりするよな。 大変だな、常識持ってると。 安藤さんに同情したくなる。 つ~か、自称知り合いでも、ついてっちゃダメだろ、幸雄! この頃って、今ほど、知らない人について行くなってって言われなかった時代だったっけか? 子供がちょっといなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 55

どう見てもリアクションが変なのに、しらを切る澪。 図星なのにトボケ切るのは流石ね! 今回、まさしの推理はビンゴなのに、流産した子をネタに使う澪。 まさしが信じられなくても当然だと思うけど、ここまで理路整然と嘘をつくのは、クイーン・オブ・したたかならでは! この先は、まさしがど~やって騙されて行くかがポイントですかね? 自分…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花衣夢衣 54

しかし、かつての恋人から探されてる理由が、息子の出生に秘密を知ってるんじゃないかと思うから!ってど~なんでしょうね~? つらい恋から身を引いて姿を隠して八年。 ざけんなよ!てめ~!と思っては、ヒロインは務まらないか~。 全く責任ないのに、自分にも原因があるんじゃないかと思っていたらしい安藤さん。 真帆にとって、ただのお世話焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 53

今さら、占いもへったくれもないが、気にしだしたら止まらないまさし。 どこまで信じたのかわからないながら、一応、澪の説明に納得したような態度を取る。 でも、やっぱ、信じ切れてないんで、サスペンス調なBGMをバックに、幸雄の部屋へ。 そして、小学生なのに、山積みの本の一番上に中原中也詩集を置いてある幸雄。 設定の都合とはいえ、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 52

昭和四十二年一月からスタート! 全く悪びれない澪は、ゆうすけを思い出しながら、声に出したひとりごとをつぶやく。 しょうたろう説を唱えるまさしとおかみさんに対し、幸雄と言い張る澪。 多少の抵抗はあっても、折れちゃうんですか、羽嶋親子! どれだけ、澪に甘い設定だよ! ま、色々あった分、まさし、ちょっと下手に出ざるを得ないからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 51

よね屋で普通に働いてるまさし。 わかりやすく愛されてないと不安らしい。 ま、真帆から取られた態度の裏が読めない人だから、わかる態度取ってもらえないと怖いのかもな~。 それを見て心臓押さえるゆうすけ。 家庭内二股をこなす澪。 ゆうすけの心臓には、思いっきり悪い環境だよな。 しかし、入り口の戸全開で大声で叫んだら、家族に丸聞こえ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花衣夢衣 50

そっか~、今日で五十話目か~。 おさらい部分だけど、相変わらずの棒読みだな~。 まさしの子として産むうんぬん言ってるけど、法律上、今、澪とまさしが離婚しても、澪のお腹の中の子は、まさしの子として、戸籍に載っちゃうんだよな。 まさしの認識や立場は、問題外! ゆうすけとの子だけど、法律上どうしようもないし、まさしは真帆んとこ行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 49

やっぱり、上手くまさしを誤魔化した澪とゆうすけ。 澪の態度が変でも、自分のせいと思える状況だから、追求出来ないんだよな~。 拒否られても仕方ないしね~。 書物でしか読んだ事のない体験をうれしそうに語るゆうすけ。 不倫なんだが、不憫だな。 が、ここに来て急に設定に忠実な心臓は発作を起こす。 ま、病弱な心臓の限界を超える毎日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 48

ずっと愛してた人が、全裸で大好きよって迫って来たら、かなり心臓に負担かかると思うけど、それは言っちゃいけません。 最後の一線は越えなかったけど、復活して元気になったゆうすけ。 しかし、絆されたからなのか、同情なのか、澪の演技がわからん・・・・・・。 あの口紅は、澪との一体化って意味があったのか~! 全然わかんなかったよ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 47

澪と自分のこれまで、を思い返して涙するゆうすけ。 世の中に女性はたくさんいるけど、病弱で家からあんまり出ない設定のゆうすけの恋愛対象は、澪しかいなくても仕方ない。 おかみさんやりかちゃんだと、血がつながってるからね~。 兄嫁とじゃ不倫だけど、この二人よりは他人な分まし? 澪の宣言を真帆がどう受け止めたのかわからない。 二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 46

キスして押し倒した段階で、かなり心臓に負担かかりそうな気がする。 ビンタなんてくらったら、その場で発作起こしてもよさそう。 でも、起こさないんだよね~。 いちおう、いいシーンであるはずなのに、そんな事思ってちゃあかんな・・・・・。 澪もゆうすけも態度が変なのに、気付かないおかみさん。 おたく、息子さんが二人とも不倫してます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣 夢衣 45

気付いたのかと思ったのに、りかちゃんは仕事で来てると解釈してたの? あら、まぁ。 なんか、色々言ってるんだけど、棒読みだよな~と思うと、内容が頭に入らないな~。 子供ながら、気を使いまくりなりかちゃん。 ゆうすけと一緒に、おにぎり作り。 健気ないい子だな~。 ここに来て急に澪への恋を自覚しまくりなゆうすけ。 や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 44

ゆうすけの部屋のテレビは、澪の結婚祝いにお母さんから貰ったやつのままなのかなぁ? 澪の部屋にもあるな~。 まだ、白黒テレビの時代だっけ? 各部屋に置けるほどの時代だったっけ? カバーかかってて、見る時に上げてた時代は、もう終わってたかな? そんな余計な事ばっかり考えていたが、ゆうすけは、恋に悩み始めてるのかな? 部屋の明かり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 43

もっともな言い分のおかみさん。 が、さらにもっともな言い分のゆうすけ登場。 お~い!おかみさんに喋ったのあんただろ!とはつっこんではいけないんだろ~な~。 原因作ったの自分だって自覚のないような喋り方ね~、っていうのも、つっこみ不可? 結局、何が言いたいのかよくわからない目線を泳がせただけで、澪、よね屋に残留決定! おとなしそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花衣夢衣 42

なんか、よくわからない理論を展開する澪。 まさし、この姉妹の間では、完璧に品物化? 変と思ったら、真帆も止めるべきなんだけど、止めないのは、本気にしてないから?変と思ってないから? こんな両親の下に生まれながら、りかちゃんはもの凄くいい子だ。 すっかり、嫌味な姑になってるおかみさん。 が、残りの家族は澪の味方。 その点は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 41

30%引きの棒ロールを片手に見た。 棒読み率よりも、真帆と澪の出演時間が、30%程度になっていたような・・・・・・・。 棒読みは修羅場には似合わないな~。 散らかしても、映ってない所で綺麗に片付ける澪と違い、真帆は散らかしたら散らかしっぱなしらしい。 画面の端の電気釜がみょ~に気になる。 棒読みから現実逃避したい時は、電気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違う番組を見ていたらしい スイート10・・・・・・・

今日の読売新聞の「放送塔から」にスイート10が載っていた。 「女」取り戻す弓子に好感 とあった・・・・・・・・・。 読者からの好意的な反響が多かったらしい。 締めは、「多くの女性の心に響いた秀作だったのだろう」とあった。 ・・・・・・・・・・・・・・そうなんですか? 薄幸のヒロイン保典のダサい服と、追い詰められて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鑑賞の友

スーパーに買い物に行ったら、こんなものがあった。 明日はパートがお休みなので、これを片手に、昼ドラ鑑賞に励もう。 30%でいいから、真帆の棒率が下がってて欲しいという願いを込めて・・・・・・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 40

よく見れば、社務所の出入り口前で自分達の世界にひたりまくってラブシーンを展開する真帆とまさし。 もう若くないんだから、こんな所でこんなことしてたら恥かしいって思うべきなんだけど、昼ドラ不倫カップルは、そんな事思わないんだよな~。 澪が叫ぶまで気付かない真帆。 テレパシーは?ねえテレパシーは? 無駄と思っても、つぶやいてみたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 39

興奮しても、突き飛ばされても発作を起こさないゆうすけ。 ゆうすけの体調にだけは気を使ってたまさしだったはずなのになぁ。 病弱な弟を怒鳴りつけて突き飛ばすなんて、人生初めてなんじゃ? 設定がどんどん忘れ去られて、ご都合主義でGO? ど~見てもおかしい澪が出かけるのを黙って見てていいんですか~? 澪には全部バレたなら、行動の予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 38

まさし秘蔵の真帆の手紙を、勝手な判断で燃やそうとしちゃだめなんじゃ? 今となっては、浮気の証拠物件だけど、美しかった恋の思い出の品なんだよな~、まさし的には。 こんな、簡単に見つかる場所に隠しておいたのは、うっかり過ぎだけどさ。 加害者意識を持っちゃった澪。 恋路の邪魔をしたかと言われたら、確かに、真帆が子宮をなくす原因を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 37

忙しいのにすみませんって帰ろうとするお母さん。 そう言えば、よね屋っていつも忙しい設定だけど、今日はまさしも澪もいないのに、茶の間で寛ぎまくってたな。 見るからに怪しい態度の澪。 果して、散らかした真帆んちは片付けてから戻ったんだろうか? まさしの浮気相手候補が真帆とは、お母さんにも言えない澪。 昔の設定の泣き虫が復活。 久…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

花衣夢衣 36

これまでのお話が長かったのは、気のせい? 今日は、やたらに回想シーンがあったような気がしたんですが、撮影が間に合わないとか? やっとこさ続き!と思ったが、お茶の間で澪に発見されることはなかった。 夜遅くに女性を一人で帰宅させるわけにはいかないのは、世間の常識。 かくして、不倫カップルは、妻の勧めで大手を振って出かけた。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more