今年も花粉が飛んだ

諸事情あって、ずっとほったらかしだったこのブログ。 HDDが壊れたのがイタいな~。 愛の劇場も終わっちゃうし~。 気が付けば、まさとは月九に、保典は大河ドラマに出ていた。 昔は、昼ドラに出たら、その役者さんって終わり?みたいなトコがあったけど、時代は変わったな~。 頑張ってね、二人とも! そっと、エールを送ってみる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白と黒 33,34

あれこれ会話したいならまさと、安定した生活なら章吾だな、と思った33話。 一葉には章吾の良さがわかるらしいが、私にはど~にもわからない。 しゃべってても、面白くなさそうだしな~。 お父さんの前で、一生懸命いい子でいようとするのは、なんかわかるよな~と思うんだけどね~。 誰にでも心の闇はあるけど、昼ドラには、そんな事より、愛だ恋だ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白と黒 28~32

biglobeにパスワードを聞かれるほど、ものすご~く間があいたなぁ。 やっとこさ、上の子の学校も始まり、まとめてが~っと見た。 えっと~、そもそもど~ゆ~展開だったっけ? 記憶の手繰り寄せ。 う~ん、なんとな~く思い出した気がする。 へ~、みんな色々あったんだね! と、まとめるとそれっきりな感想を抱く。 小林くん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンシング

「白と黒」は、太田選手の銀メダル獲得を見越して、章吾の設定にフェンシングを付けた、ってわけじゃないよな~。 うちの長女との年齢差を考えると、何回か行った全国大会に太田選手もいたはずなんだよ~!と、過去の記録を捜索してみたが、片付け上手な私にかかると、狭い家の中でも、探してるものを発見するまで数年かかる。 たまには、ちゃんと掃除し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 27

気まずいれいこと章吾。 今さら気付いたけど、ここって、ロッカールームや更衣室がないのね。 お手軽だけど、女性の皆さん、化粧直しとかしないの? ま、女優さんは、いつだって隙のないメイクとヘアだから、い~のか。 的外れ感溢れる章吾。 なんか、かわいそうになって来るな~。 お金ないと言いながら、部屋の改装話を語り始める章吾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 26

恋愛相談だと誤魔化すれいこ。 ひっぱっといて、あっさり流すのがこのドラマのお約束だった忘れてたわ。 土日挟んでこれなら、おいおい!だけど、一気に見てる分、ま、いっか、って気分になれるなぁ。 ミニスカで画面の方に足向けてソファでねっころがるサリナ。 パンツ見えそうだが、おばさんであって、おっさんやお兄さんじゃない私は、コマ送り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 25

まさとの告白大会。 そして今日もサスペンスっぽいBGM。 こんな嘘ばっかついてる男が言う愛なんて、信じろって方が無理よね~。 四の五の言いながら、まさとに連れられてルミ子んとこに行くれいこ。 告白ついでに、調べた結果、ルミ子が母だと言い出すまさと。 ま、わかってたけどさ・・・・・・・・・。 帰宅後、今度はれいこの告白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 24

なんか、ものすご~く久しぶりに見たな。 この、中途半端なサスペンス仕立て、なんとかならんもんかな。 思わせぶりなBGMと共に、ど~せつまんないオチなんだろ?って投げやりな気分になるな。 念のため、パスワードを変える章吾。 この間変えたばっかりと文句言う教授。 そ~なんだよね~、コロコロ変えると、わかんなくなっちゃうんだよね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 23

心労で入院中の一葉。 そ~言えば、ここんとこ出てなかったな。 軽い栄養失調か~。 家族も気付いてやれよ。 しおらしく謝る一葉。 ど~も、このドラマの登場人物の発言は、いちいち、ホントにそ~思ってる?とつっこみたくなるな。 心労の原因はどこにあるのか、全くわかってないんだろうな、章吾。 明るい未来図をここで語られてもね~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 22

蔵にれいこがいたぐらいで、何なんですか、このBGM。 父だけじゃなく、章吾も登場、そこにまさとも戻って来る。 まさとって、裏の仕事として、贋作作家やってる設定? 一葉を脅迫して口止め料出させても、まさとの枕元のバックに無造作に詰め込まれてる札束には手を出さないらしいサリナ。 自分なりのしていい事と悪い事の基準があるの? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 21

しょっぱなから、いきなりルミ子登場。 段差のある玄関で室内は靴生活ってゆ~のは、スタッフのこだわりがあるの? 室内に入ると、なぜか、カップルで万葉集勉強会。 好きだったよ~、「あかねさす 紫野ゆき 標野ゆき 野守は見ずや 君が袖振る」。 額田王だね~。 大海人皇子の説明は、天智天皇の弟? うおおお~!元国文科の血が騒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 20

母親の事で悩んでるのかと思ったら、まさとに言われた事で悩んでたのか、れいこ。 変な音がするから行ってみたら、いたのはまさと。 言われて気付いた。 そ~いえば、れいこはアパート借りてるんだっけ。 流し見な視聴者への説明をありがとう。 研究所のロビーに飾られるひまわり。 画面に向かって、綺麗に咲き誇る。 この向きだと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 19

晴れてる山の中で雨を降らせて、大丈夫なの? 低予算の昼ドラで、そんなお金のかかる事しちゃって、と、余計な心配をしてしまう。 ここで予算使った分のしわ寄せ、どこに来るんだろう? そんな事を楽しみにして、いいですか? ほ~、山ん中でスケッチしてたんですか。 お気に入りの場所なんだ、って伏線ですね。 でも、信じ切れなくなって来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 18

まとめて一気に観てると、昼ドラって展開速いな~と今さら驚く。 勝ち誇ってた一葉が、章吾にあるのは、同情と友情だけ、うわぁぁぁん!って事になったのが、あっと言う間だったけど、実際は、一週間かけてダラダラゆっくりと、なんですね~ いや~、牛歩だわ・・・・・・。 誰かがベランダに一人たたずんでると、まさとがや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 17

う~ん、一気に昼ドラ見るのって、疲れるもんだ・・・・。 おおっと、喋っちゃったの、みちこさんだったのか。 しかし、お父さんとみちこさんて、どんな関係? 聞いちゃったからって、気安く報告出来る内容じゃないよな、中絶話って。 一葉が中絶したのは、章吾の子で自分の孫に当たるんだって発想で怒るってのは、すっごく偉い人だな、父。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 16

沖縄旅行で別れ話切り出したなら、避妊はきちんとしとけ! その一言に尽きるオープニング。 そんな切り札持ってて、財力もあるなら、その段階で妊娠を盾に結婚せまっときゃいいのに、ここで暴露するのは、ドラマの都合なんで仕方ない。 こんな男、熨斗つけて一葉にくれてやればいいじゃん!と思うが、そこですっぱり切り捨てたら、昼ドラは成り立たないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 15

すっかり、14話を観てるつもりで観ていたら、「15話」と画面に表示されて驚いた! ど~やら、半分寝ぼけながら、13,14話を続けて観ていたらしい。 しかし、弟が来たと思ったら、兄も来た、で2話分まとめられちゃう内容って、ど~なんだよ・・・・・・・・。 京風って表現でい~かしら? 真面目~に仕事の話をしてるかと思ったら、いきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 13&14 

バタバタしてた上に、チャンネル権のない夏休みが到来。 しかも、観てると睡魔に襲われる始末・・・・・。 話の進みが遅いからよ!とドラマに責任転嫁したくなるな~。 距離感がないお約束を果たす、長野と東京。 弟も来たら、兄も来る。 私にはよくわからなかったけど、ヒロインは兄を愛してるわけね。 でも、話聞いてると、大丈夫か、この…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白と黒 12

や~、なんかいい展開じゃん!と思っていた、れいことまさとのしんみりシーン。 でもさ~、そこで声に出していない章吾に別れを告げるか~? せっかく引き込まれてたのに、吹いちゃったじゃないの~! そして、いかにも俺、何か企んでます!なまさと。 いかん、これも笑えた。 久しぶりって事は、イタしてないのか、まさととサリナは。 なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒 11

お父さんに言われたかられいこと婚約したんだよ、と章吾が言ってるのを聞いて、れいこガーン!はわかるけど、章吾の気持ちの確認とか、恋愛感情の確認とか、そ~ゆ~事は一切しないで、章吾に言われるまま帰宅しちゃう一葉がわからない。 ドラマの都合なんだろう。 誤魔化しに行こうとれいこの部屋に行ったら、もぬけのから。 蔵だな!と思ったらしい章吾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more