白と黒 28~32

biglobeにパスワードを聞かれるほど、ものすご~く間があいたなぁ。
やっとこさ、上の子の学校も始まり、まとめてが~っと見た。
えっと~、そもそもど~ゆ~展開だったっけ?
記憶の手繰り寄せ。
う~ん、なんとな~く思い出した気がする。

へ~、みんな色々あったんだね!
と、まとめるとそれっきりな感想を抱く。

小林くんは、まさととサリナのせいで苦悩したものの、れいこやたまえが頑張ってくれたおかげで、おとがめなし。
また、画面の端にいる地味な脇役に戻った。

まさとと共に桐生家を追い出されたサリナは、ドラマからも出て行ってしまった。

一緒に行ってよ~!とれいこを勧誘したまさとは、章吾からのお仕事電話に阻まれ、それでも諦めきれず、れいこんちの玄関のドアにお手紙を挟むという今となっては古風な手段に出た。
今まで自分が何をして来たか、完全に忘れてるな~、こいつ・・・・・・・。

ドラマの展開の都合で、ケーキ持ってれいこんちに来た一葉が、ドアに挟まった紙を勝手に見て、勝手に内容に憤慨して、章吾に告げ口。
友達んちのドアに挟まってる紙を勝手に見るってど~かと思うけど、ま~ね~、一葉がまさとにされた事を思えば、それっくらいのおかえしはしてもいいだろ~。

いきなりあやのが倒れ、大忙しなれいこ。
手紙を見てくれたはずなれいこが待ち合わせの場所に来ないんで、たそがれるまさと。
いくら思い入れのある場所でもさ~、若い娘と夜の待ち合わせ場所としては、真っ暗でふさわしくないと思うな~。
薮蚊とかブヨとか、虫だらけだろ~!
少なくとも、ビビリな私は、夜、一人じゃそこには行けない・・・・・・・・・。

まさとに連絡するれいこ。
えっと、二人の携帯って、通話のみ?
今の時代、確実性を求める秘密の連絡は、メールの方がいいと思うんだけど、それじゃあ、すれ違いが成り立たないから、仕方ないんだろ~な~。
結局、携帯チェックして、れいこの伝言聞いて戻って来るまさと。
一葉と章吾はストーカー。
何ですかね~、ヒロインだけが恋愛に参加してないで他の事で走り回ってるようにしか見えないんですが~。

詰る章吾を誤魔化すのかと思ったら、直球勝負で母が生きているという真実を告げるれいこ。
章吾はパパ似で、認めたくない真実に立ち向かえないタイプなのね。

あやのがガンの疑いって事で思い悩むれいこの元を突撃して、まさとの手紙握りつぶしたんだから、私!と言いに来る一葉。
それどころじゃないのよ!あんたウザいから黙ってなさい!(意訳)と告げるれいこ。
昼ドラらしくないほど、恋愛温度の低いヒロインだな~。
一応、恋愛に参加してるらしい事をチョロチョロ見せてはいるけど、昼ドラヒロインって、お前、ちった~仕事しろよ!とつっこみたくなってナンボなのに、お前、もっとがっぷり恋愛せんか!とつっこみたくなるわよね~、れいこったら。

その後も続く、恋愛は~?ドロドロは~?なストーリー。
勘違い引っ掻き回し女である一葉が頑張ってくれても、章吾はぼ~っとしてるし、まさとはお母さんが死にそ~だよ~!だし、れいこ、温度低いし、30話越えてこれでいいのか?
頑張って続きも観よう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック